契約・解約に関する消費者トラブル情報をお知らせください

消費者被害防止ネットワーク東海

ホーム > トピックス > 10月24日(土) 消費者シンポジウムを開催しました。

消費者シンポジウム   愛知県弁護士会主催・Cネット東海共催

消費者被害を十分に救済・予防できる法改正の実現へ!

 ~特定商取引法と消費者契約法の改正議論を踏まえて~

 内閣府消費者委員会特定商取引法専門調査会において、特定商取引法の改正に向けて検討が重ねられていたところですが、去る平成27年8月に「中間整理」がなされました。しかしながら、訪問販売勧誘と電話勧誘販売に関しては、被害が多く、規制の導入が喫緊の課題となっていますが、業界側の強い反対もあり、「中間整理」でも明確な方向性は示されておりません。また、消費者契約法についても、同じく平成27年8月、内閣府消費者委員会消費者契約法専門調査会が、消費者契約法の実体法部分の見直しに関する「中間取りまとめ」を行い、来年度の通常国会への法案提出に向け、消費者契約法の改正作業は佳境を迎えようとしています。

 そこで、当団体では愛知県弁護士会と連携して、本シンポジウムを共催で開催し、消費者被害を十分に救済・予防できる法改正の実現を目指します。

日時:平成27年10月24日(土)

午後1時00分〜午後5時00分

場所:愛知県弁護士会会館 5階 ホール

 【企画内容】

1 特定商取引法改正に関する基調講演

  薬袋真司 弁護士 (日弁連消費者問題対策委員会委員)

2 消費者契約法改正に関する基調講演

  伊藤陽児 弁護士 (日弁連消費者問題対策委員会副委員長(消費者契約法部会))

3 法改正の最新の情勢について

  石戸谷豊 弁護士(前内閣府消費者委員会委員長代理、日弁連消費者問題対策委員会委員)

4 相談員、弁護士によるリレートーク

  相談現場の状況、被害実態について

くわしくは、下記のファイルをご覧ください。

  消費者シンポチラシ(H27.10.24)

-
-
-