契約・解約に関する消費者トラブル情報をお知らせください

消費者被害防止ネットワーク東海

ホーム > トピックス > WILL(株)・(株)ワールドイノベーションラブオール・VISION(株)に関する注意喚起

WILL(株)は、2018年12月、2019年7月の2回に渡り、消費者庁より業務停止命令等の行政処分を受けています。

 また、(株)ワールドイノベーションラブオールについては2019年7月に、VISION(株)については2019年11月に、それぞれ消費者庁よりWILL(株)同様の不当な勧誘が行われる可能性が高いとして、注意喚起が行われています。

 消費者庁の公表内容によるとWILL(株)は、以下のような事業をしていると勧誘時に説明しています。

  1. 「willfon」を称するテレビ電話専用のアプリケーションが読み込まれたカード型USBメモリ「ウィルフォンライセンスパック」(以下、ライセンスパックという)を会員に販売。
  2. 販売したライセンスパックを会員からレンタル。
  3. 「willfon」を有する第三者にそのライセンスパックをレンタルして得られた収入を会員に支払う。

 しかしながら、消費者庁によると、WILL(株)の総売上高の約99パーセントをライセンスパックの販売による売上げが占めており、ライセンスパックのレンタルにより得られた収益から本件商品のレンタル料を支払っているわけではありませんでした。

 このような構造である以上、いつか破たんすることは必至です。

 現在勧誘を受けている、契約を取り消ししたい等の相談につきましては、最寄りの消費生活センター(局番なし188)にご相談ください。

 ⇒消費者ホットライン

-
-
-