理事長ご挨拶

東海エリアにおいて、
消費者被害の未然防止・拡大防止する活動をしていきます。

私たちCネットは、2010年4月に適格消費者団体の認定を受けてから、99件の申し入れ活動(交渉)と3件の差止め請求訴訟の提起を行い、地道に努力を重ね、多くの約款や広告の改定を得てきました。
対象事業者は、東証一部上場企業、芸能事務所、宗教法人、一般社団法人、法律事務所など、消費者と契約を締結するあらゆる事業者を対象にしています。趣旨に賛同する若い人たちも加わり、今年で10周年を迎えることができました。
現在Cネット東海は「被害回復」業務ができるよう、【特定適格消費者団体の認定】を目指しています。適格消費者団体は、消費者被害の未然防止・拡大防止に大きな成果を上げていますが、被害を受けた消費者の被害回復はできません【特定適格消費者団体】の認定とは2015年に施行された消費者裁判手続特例法により、特定適格消費者団体は、被害を受けた消費者に代わって、被害回復のための代行訴訟を行う制度のことです。
Cネット東海が【特定適格消費者団体の認定】を受けるためには、財政基盤の確立が必要不可欠です。今後も東海のエリアにおいて差止め請求訴訟を提起するなどして、消費者被害を未然に防ぎ、拡大を防止する活動を続けていくため、引き続き、皆様のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

理事長 杉浦市郎(愛知大学教授・愛知大学生活協同組合理事)

知りたい記事を検索

消費者トラブルや被害情報のご提供、ご相談はこちら

消費者被害防止ネットワーク東海 事務局
〒464-0075 名古屋市千種区内山三丁目28-2 KS千種ビル6階F