活動紹介

不招請勧誘原則禁止を求める意見書を提出しました

Cネット東海では、本日「不招請勧誘原則禁止を求める意見書」を内閣府消費者委員会に提出しました。

消費者委員会の特定商取引法専門調査会で、特定商取引法改正に向けた検討が行われています。最大の焦点は、電話勧誘、訪問勧誘の規制問題です。平成20年の改正で訪問販売における再勧誘禁止規制が追加されましたが。依然として「強引」な再勧誘がなくならない実態があります。

 


 

第1 意見の趣旨
1 原則として電話勧誘販売及び訪問販売を禁止する「不招請勧誘禁止」制度を設けるべきである。
2 仮に不招請勧誘原則禁止の制度を設けないとしても、少なくとも事前拒否者への勧誘を禁止する制度、すなわち、電話勧誘販売については、拒否者リストに登録した消費者には電話を掛けてはならないとする「Do Not Call制度」の導入を、訪問販売については「お断りステッカー」または「Do Not Knock制度」の導入を求める。

 

2015.07.21 不招請勧誘原則禁止を求める意見書 Cネット東海

 

知りたい記事を検索

消費者トラブルや被害情報のご提供、ご相談はこちら

消費者被害防止ネットワーク東海 事務局
〒464-0075 名古屋市千種区内山三丁目28-2 KS千種ビル6階F