活動紹介

新しい法制度成立記念シンポジウムを開催しました。

第9回総会開催後、新しい法制度成立記念シンポジウムを開催いたしました。

いわゆる「集団的消費者被害回復訴訟制度」を創設する法案が成立しました。シンポジウムでは、本制度がどのような制度なのか理解を深めるとともに、本制度によって消費者被害の救済や事業者の対応、社会はどのように変わるかを考えるシンポジウムとなりました。
新法制度成立記念シンポジウムの開催概要は以下のとおりです。

 


開催日時

2014年2月22日(土)

開催場所

愛知県弁護士会館3階会議室

主催

愛知弁護士会・消費者被害防止ネットワーク東海(Cネット東海)


 

集団的消費者被害回復訴訟制度の成立の経緯と制度の解説

講師:消費者庁消費者制度課 課長補佐 須藤希祥 氏

 

海外視察調査(フランス・ギリシャ)の報告

報告者:弁護士 長野浩三氏(適格消費者団体 京都消費者契約ネットワーク 事務局長)

 

対談 「新制度の活用とこれからの展望」

講 師:弁護士 長野浩三 氏

聞き手 :弁護士 伊藤陽児氏 (適格消費者団体 消費者被害防止ネットワーク東海 理事)

 

リレートーク (消費者行政担当者、消費者団体、事業者、消費生活相談員 など)

知りたい記事を検索

消費者トラブルや被害情報のご提供、ご相談はこちら

消費者被害防止ネットワーク東海 事務局
〒464-0075 名古屋市千種区内山三丁目28-2 KS千種ビル6階F